暮らしと住まいについて考えています。
無印良品と私の仕事

無印良品についてよく聞かれることなので少し説明を。。

私は無印良品の社員を2008年に卒業しています。会社には週2回ぐらい行く感じでしょうか。現在は無印良品「くらしの良品研究所」のメンバーです。ということで私自身はフリーランサーです。2008年までは、無印良品の家の住宅事業やマンションなどの他社とのコラボレーション事業などを多く行ってきました。現在もいくつかのコラボレーションプロジェクトも行っていますが、プロヂューサーとして加わっています。

 「くらしの良品研究所」とは、無印良品の中に置かれた組織で、特にサイト上でその活動を展開し、ユーザと意見交換しながら価値を共有したり、また物づくりに対する意見交換をしていく場所です。 私はここのコラムを書いています。「暮らしとは何か」をテーマに書いています。特にここのところのテーマは「成長がとまった経済」に対して、どう向き合っていくのかを考えています。

 また私が建築家であることも理由の一つですが、間取りについての研究は長く続いています。実際に図面に書いて、お客さまから意見をもらったりもします。間取りは暮らしのプログラムです。どんな暮らし方をしたいのかで間取りは変わります。また時代によっても変わっていくものです。その時代ごとの理想像が間取りには反映されます。こうした間取りの背景を考えていくことはとても楽しいことです。

 現代の「暮らしのかたち」を考える。

そのことが私のいきついた今の仕事と言えます。そのことについてできる限りの情報発信やコラボレーションを行っていきたいと思っています。

 

近頃の仕事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tsuchiya71.jugem.jp/trackback/30
<< NEW | TOP | OLD>>