暮らしと住まいについて考えています。
アンケートは不満を聞いてはいけない
アンケートでは不満を聞いてはいけない

目的にもよるが、もし多くのユーザから商品開発や新たなサービスを作り出そうとするなら決して不満や不具合を聞いてはいけないでしょう。なぜなら、多くの不満を聞いてその課題をすべてクリアするには様々な対立する課題を解決していかなければならなくなります。

そもそもアンケートで、不具合や不便などをきけばたくさんの意見はあつまります。機能についても便利な方がいいに決まっています。しかしどうでしょうか、その課題を解決するとなんでもそろっている商品はできるのでしょうが、しかしそれが魅力的な商品には思えません
私がいつも心がけているのは、不満より満足していること、不足より足りていること、または必要のないと感じるもの、こうしたことをなるべく聞くように心がけています。デザインとは機能を付け足していくのでなく、いらないものを削ぎ落としていくことの中にヒントがあると思うからです。そう考えると世の中にある多くのアンケート、どこか違うなあと思います。
アンケートと合意形成 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tsuchiya71.jugem.jp/trackback/29
<< NEW | TOP | OLD>>